2013年02月23日

再びのグレートバリアリーフへ!

世界自然遺産のグレートバリアリーフのど真ん中にあるサンドケイ。

その誰もいない珊瑚の欠片から出来た白い小さな島で、昨年(2012年)
の2月26日に海洋自然葬(散骨)を実施したお客様が、再びケアンズを
訪れるとの連絡をいただきました。

そのお客様は、グレートバリアリーフからさらにウルル(エアーズロック)
を訪ね、メルボルンまでレンタカーで走破するとのことでした。


アーストラリアは、今が夏の盛り。まして、アーストラリアの砂漠地帯の
走破ですので、【水】を充分に用意して、中継地点の場所も確認したした
ほうが良いとアドバイスいたしました。


素晴らしい癒しの旅になることを願っています。face_10




限りあるときを輝いて!
オリジン研究所













同じカテゴリー(グレートバリアリーフ)の記事画像
GBR(グレートバリアリーフ)
ケアンズから戻りました!
同じカテゴリー(グレートバリアリーフ)の記事
 GBR(グレートバリアリーフ) (2007-05-22 18:15)
 ケアンズから戻りました! (2007-03-21 20:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。