2012年11月13日

冷や汗の出る健康診断!

今日、戸田市のある私立病院で健康診断

健康診断などでは、何時ものことだが血液検査の『採血』で苦労する。face_07
正確に表現すれば、採血をする人に苦労をかけて、こちらが恐怖と緊張
で冷や汗が出るということだ。

何故かというと、父親譲りの細い血管が体中に張り巡らされている。

おまけに、その細い血管が筋肉に阻まれて、奥に引っ込んでいるという
採血』には向いていない血管である。 現在に至るまで、新人の看護
婦さんでは全く歯が立たず、何度も失敗を重ねている。


嘗て、献血を試みたときには、殊更に苦労をした思い出がある。 
合計5回も針を入れたが、途中で血の流れが止まってしまい、
そして遂に献血を断念した経緯もある。

元来の注射嫌いと重なって、『大病になったら、どうしようもない!』
点滴をすることにでもなったら、耐えられない!』という思いに、
若いときから囚われている。

その結果、『生きているというだけの延命治療は、断固として拒絶する!』
自分は、尊厳死を選択する!』という、自分の生き方というか人生の
仕舞い方を決断をする大きな根本理由にもなっている。


本日は、そんな思いを抱きながら、まだ新前と思われる看護師さんの前に座り、
おずおずと右腕を差し出しました。

自分の血管は細くて、いつも採血では苦労していますので、よろしく・・・!』
大丈夫ですよ・・・!』との遣り取りのあと、採血が始まりました。

しかし、30分程、左右の腕の血管を探し回りました。 結局、この看護師さんは
適当な血管を見つけることが出来ませんでした。face_08



ベテランの看護師さんとバトンタッチして、漸く手首の血管から採血が完了。


正に、冷や汗ものの『採血』でした。


限りあるときを輝いて!
オリジン研究所
  

Posted by オリジン研究所  at 13:30Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2012年10月17日

今は懐かしい思い出!

私が生まれたのは、和歌山県和歌山市朝日。
大変古い話になりますが、和歌山市になる前の旧住所は、和歌山県安原村朝日
だったと思う。

父方の私の祖母が、私が5歳の頃に亡くなった。

村の山にある墓地に、土葬されたことを今でも鮮明に覚えている。

当時、これが村では最後の土葬になった。


いつの頃からここが土葬の場所だったのかは定かではないが、古い村の歴史から
すれば、室町末期からと思われる。



この墓地のことを和歌山の方言では、『さんまえ』と呼んでいた。 

鬱蒼と茂った竹藪の中にあり、この中を歩くと所々が凹んでいて、子供の足など
はすっぽりと入ってしまいそうだった。

1950年(昭和25年)生まれであるから、この時期に5歳ということは昭和
30年のことになる。太平洋戦争が終わって、僅か10年しか経過していない頃
である。


風が吹けば竹薮の竹がザワザワと揺れ、子供心にも何とも気味の悪い怖い場所だ
った。 怖いもの見たさの気持ちも働いて、この墓地周辺が当時の子供たちの遊
び場所だった。 

さらに、鮮明に憶えているのは、竹薮の中には、古くなって掘り出された人骨が
ごろごろと転がっていたことである。

幼心にも、人が死んだらこのようになるんだと漠然と理解したのを憶えている。


後年になり、この『さんまえ』という言葉を調べてみると、『読書三昧』などという『
三昧
』が訛ったものであると知った。

これらの原体験が、今日のこのライフワークである海洋自然葬(散骨)やご遺骨
でお作りをするエバーメモリアルなどに繋がっていると自覚している。


詳しくは、後日・・・。


限りあるときを輝いて!
オリジン研究所  

Posted by オリジン研究所  at 18:54Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2012年10月12日

常識という名の『虚構』 (その1)

人に限らず、どうやら生き物はその生きている自分の周りの環境を
全てだと信じて生きているようだ。


池で泳いでいる鯉は、その小さな池が世界の全て。  
鯉は、そんなことは考えないだろうが。


江戸時代以前には、自分の生まれた小さな村から、生涯一歩も出るこ
ともない人もいた。それらの人々にとっては、村の自分の周りで起こ
ることが全てであり、村の昔からある習慣を守って生きていくことが
重要であったろう。

その村で生まれて自分が習い覚えたことを、正しいことだと信じて生
きること以外に術がなかった。


昔の人をこのように論評するのは簡単なことだ。 しかし、これだけイン
ターネットなどが進歩した世界に住む我々の方が、情報が氾濫している割
には、むしろ巧妙に組み上げられたこの『虚構の世界』に嵌まり込んでい
る可能性が高いと考えています。

連日流されているテレビからの情報やニュースなども、映像や証言は真実
だとしても、それらは全体情報のごく一部でしかないことを深く理解する
必要があります。

それらの得られた情報を、自分の経験や知識及び感性で取捨選択し、批判
的に再構築して、自分のものにする能力を『メディアリテラシー』と言い
ます。


この時代に生きる我々こそが、この『●●●リテラシー』が本当に必要だと
思いますね。


そんなほんの一例。



関東地方では、骨壷を丸ごとお墓のカロートに入れるのが普通のことである。

しかし、名古屋辺りから関西や九州にかけては、カロート内の土の上に、骨壷
からご遺骨を取出して置く。


こんな単純な違いであるが、このことを見たり聞いたりする機会がなければ一
生知らないこととなる。事実、知らない人は多い。





今後は、このブログで一歩踏み込んだことも書いてみたいと思っています。face_02


限りあるときを輝いて!
オリジン研究所  

Posted by オリジン研究所  at 12:16Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2012年10月02日

お客様からのお便り!

海洋自然葬(散骨)やご遺骨でお作りをするエバーメモリアルを作られたお客様方から、多数の賛同のお便りをいただいております。お客様方のご了解をいただきまして、ここにその一部をご紹介をさせていただきます。face_02



主人は生前から、『死んだら遺骨を綺麗な海に撒いて欲しい!』と言っていました。
娘達や親戚からは少し反対もありましたが、悩んだ末に散骨(海洋自然葬)を実行い
たしました。今は、散骨をして肩の荷が降りた気がして、ほっとしています。 でも、
後に何も残らないのは寂しいと娘達が言いますので、プレート(エバーメモリアル)
を2個作成してもらいました。                 (埼玉県  M様)



最初はお墓に入れようとも思いましたが、海の大好きな主人でしたので、散骨(海洋
自然葬)を迷い抜いた末に選びました。これで、暗いお墓の中で寂しい想いをしない
で済んで良かったとしみじみと思っています。
                                (東京都  K様)

オリジン研究所さんと腹を割ってじっくりと相談を致しました。心から深く納得が出
来たので、誰にも今まで語ったことのない想いや自分の生き様を『もしもノート』に書
き出しました。これからは毎年『遺言』として書き足して行こうと考えています。富士
山が一望出来る江ノ島沖への散骨(海洋自然葬)とプレート(エバーメモリアル)を生
前予約として申し込みも済ませました。後は、健康に気を付けて楽しく生きて行こうと
決心しています。                       (神奈川県 S様)

花が好きで寂しがりやだった母は、いつも『海の見える暖かいところに住みたい・・
・!
』というのが口癖でした。それで、父親や兄弟全員で話し合い、江ノ島沖の富士山
が一望出来る海に散骨(海洋自然葬)を致しました。そして、寂しがるといけないので、
プレート(エバーメモリアル)を3個作ってもらいました。毎日、母親に見守ってもら
っている感じがして、母の笑顔が見えるような気がしています。  (長野県 O様)

世界にひとつしかない手作りのプレート(エバーメモリアル)があることを知り、制作
を依頼いたしました。今は、リビングのサイドボードの上に飾っています。形もよくずっ
しりとした重厚感があり、今は亡き妻が語りかけてくるように感じ、本当に心が落ち着
きます。                           (埼玉県  W様)

田舎には先祖代々の立派なお墓があるのですが、遠くてお参りにも行けなくなると心配
をしていました。田舎のお墓にも一部を納骨して、残った遺骨で散骨(海洋自然葬)も
して、メモリアル(エバーメモリアル)も作ってもらいました。これで、主人も喜んで
くれていると思います。                    (東京都  I様)

毎朝、毎晩主人のプレート(エバーメモリアル)を眺めて語りかけています。どんなに
慰められているかわかりません。 それで漸く、『これからは楽しく生きて行こう!』
という意欲が湧いて来ました。本当に感謝しています。                              (千葉県  A様)

その他多数のお便りをいただいておりますので、これからも順次掲載させていただきます。



限りあるときを輝いて!
オリジン研究所  

Posted by オリジン研究所  at 11:07Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2012年09月30日

社名を変更しました!

本当に久しぶりにこのブログに記事を投稿いたしました。

2011年3月11日、東日本大震災が発生。過去に経験したことのないような巨大な津波が、東北地方を中心に襲いかかりました。そして、福島第一原発では、水素爆発があり、メルトダウンが起こりました。このニュースは、地震のニュース以上に世界を駆け巡りました。約50年以上に亘り築き上げてきた、原子力発電の安全神話が脆くも崩れ去りました。東京電力や原子力保安院・原子力安全委員会、経済産業省などなどの虚構の構図が浮かび上がりました。

福島第一原発を廃炉にするといっても、誰も経験をしたことのない難しい作業の連続といわれ、復旧までには、少なくとも約40年はかかりそうです。それらのコストは、まさに天文学的な数字になります。

東日本大震災で発生した大量の瓦礫の処理も、まだまだ時間と多大な労力がかかります。人生を立て直し、街を復興するには、気が遠くなるような努力が必要です。


これらのことが契機となり、今一度自分の人生とも向き合って考え抜いた結果、昨年(2011年)の4月に、創業以来からの社名である『ライフケア研究所』から『オリジン研究所』に、正式に変更を完了いたしました。


より深く、より拘って、より心を込めて、このオリジン研究所を運営して行きたいと思っています。

どうか、今後ともよろしくお願い申し上げます。face_02



限りあるときを輝いて!
オリジン研究所  

Posted by オリジン研究所  at 17:28Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2009年01月02日

2009年の始まりです!

皆様、明けましておめでとうございます。 本年も、よろしくお願い申し上げます。


〈大自然と魂が出会うところ、パラオ共和国。ロックアイランド〉


ここ数年来続けていることですが、大切に使っている
A-5版のシステム手帳に、今年も【今日に生きる!】
と書くことにしました。

過去を悔やむのではなく、未来に憂えるのではなく、唯一自由に
出来る【今日のこの一瞬】がすべてに通じるという意味で・・・


世界が、日本が、そして私が、経験をしたことのない2009年
の始まりですね。

あらゆることを、チャンスと捉えて、今日から再スタートを切り
たいと思います。 face_02


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所   

Posted by オリジン研究所  at 19:13Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2008年09月10日

彼岸花

抜けるような気持ちのいい青空。
田圃の畦道に、彼岸花が咲いている・・・






幼い頃、和歌山の田舎で感じた秋の風景です。

そんな季節になりましたね。はれface_02



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所  

Posted by オリジン研究所  at 13:00Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2008年01月28日

寒い日

大寒(21日)辺りから、関東地域も寒い日が続いています。昨日などは、最寄りの蕨駅にある本屋さんまで行きましたが、本当にブルッと来ましたね。

国会レベルの政治は混迷し、株価は下がり、原油高で便乗値上げも含めて値上げラッシュです。普通の生活者は、どんどん苦しくなるばかりです。face_07

今一度、自分の生き方を素直に見つめなおして、何が本当に価値のある生き方なのかを考えてみる絶好のチャンスではないでしょうか。

何しろ、各人の人生に残されている時間は、365日×○○年(生きている時間)×24時間しか無いんですから。 このことは、誰でもが知っていて、直視することを避けている真実なんですね。

そうすることで、今日という貴重な日が本当に愛おしくなってきます。このことは、語ることは簡単ですが、実践することが極めて難しいですが・・・・。

そのために、次回から数回に分けて、《死生学(サナトロジー)》について、少し書いてみたいと思っております。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所  

Posted by オリジン研究所  at 21:44Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2007年08月11日

2007年の夏空

朝から太陽が照り付けています はれ
気象情報では、38度にもなる模様です。


自宅マンションから、夏空を写しました。





入道雲がもくもくと出ていて、何故か遥か昔を
思い出させますね。

夏は、誰にとっても青春時代をイメージさせる季節
です。


和歌山での幼年時代

小学校からの帰り道。自宅に続く坂道の下から、
空を見上げた時の吸い込まれるような、恐いように
綺麗な青空を思い出しました。 face_05


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所  

Posted by オリジン研究所  at 17:52Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2007年05月27日

太陽観測衛星「ひので」のデータ公開!

不思議な感動を覚えますねface_02ハート ピンク



国立天文台と宇宙航空研究開発機構などが本日(27日)、太陽観測衛星「ひので」がとらえた全観測データを、インターネットで公開を始めました。

以下のアドレスをクリックすると見ることが出来ます。

http://hinode.nao.ac.jp/index.shtml


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞いかたまで  

Posted by オリジン研究所  at 19:01Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2007年03月30日

春爛漫!

蕨の裏通りの桜の木が、満開になりました

この一瞬に、全てを賭けるように咲いています。 face_05






春という時間の旅人が、これから1ヵ月かけて、
仙台から青森へ。



そして、春が北海道に辿り着く頃は、関東は夏を
迎えます。




関東は、今が、春の真っ只中です



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 17:50Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2007年02月11日

楽しみです!

夕方になってから、買い物で外出。
風があり、かなり寒いと感じました。

考えて見れば、この寒さが今頃の普通の状態ですね。 face_07



先日の日記に書きましたが、「アンケート募集!」
が掲載されている発行部数20万部の【公募ガイド
2月号が、2月9日に発行されました。




■詳しくは、http://lifecare.cocolog-nifty.com/kagayaite/2007/02/post_4570.html

そうしたら、昨日、早速応募ハガキの第一号が事務所
に配達されてきました。そして、メールでの応募も届き
出しました。

懸賞金があるとはいえ、強く関心を持っている人たちが
多いということを、改めて確認しているところです。


応募の締切日は、4月30日

何人の人から応募があるか楽しみです。 face_02はれ


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで
  

Posted by オリジン研究所  at 20:02Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2007年02月06日

アンケートを公募!

20年来の友人の紹介により、2月9日から、愛読者
20万人の「公募ガイド」誌上で、「アンケート」を
公募することとなりました。



   (愛読者20万人の「公募ガイド」)

どんな方が応募されて、どんなご意見が寄せられるの
かが楽しみです。

皆さんも、お気軽に応募してみてください。


応募の詳細は以下の通りです。

限りあるときを輝いて!」を提案するライフケア研究所では、これからの時代の新しい選択肢に関する考え方を、全国で約20万人の愛読者がいる「公募ガイド」の誌上で、広く「アンケート」を公募することになりました。



●タイトル:「あなたのエンディングノート」(最期の想い
海洋自然葬(散骨)なら、どこにしたいか。
メモリアルを制作するなら、誰に持っていて欲しいか。 など、あなたのオリジナルのエンディングを考える。
●応募規定:メールまたはハガキで応募。部門(①か②)と、その理由を含めた考えに、郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・職業・連絡先を明記。
●応募資格:不問
●賞品:最優秀賞1点=賞金1万円、「もしもノート」
    優秀賞数点=「もしもノート」
●〆切:2007年4月30日(当日消印有効)
●発表:2007年6月 入賞者に通知
●主催&応募先: ライフケア研究所「エバーメモリアル」係
〒335-0004 埼玉県蕨市中央2-2-15 蕨セントラルハイツ1F
●お問合せ&応募: E-mail lifecare@sj9.so-net.ne.jp
TEL 048-430-3508


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 14:57Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2007年01月01日

新たな旅立ち(ブログ版年賀状)

皆様、あけましておめでとうございます。





新しい時代の風が
吹き始めました。


限りある今日という日を、
健やかで楽しく輝いて生きる!

そんな1年となりますように・・・!


本年もよろしくお願い申し上げます。   

                
        2007年 元旦 face_02



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 12:40Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年12月26日

2007年へのカウントダウン!

今年も残すところ、あと5日。
2006年を振り返りながら、2007年の計画を考えています。


関東地方は今日の朝から冷たい雨が降り続いて、午後になってさらに冷えてきました。あめゆき

2006年の今年は、ライフケア研究所を設立して2年目であり、かなりの苦難もありましたが、無事に乗り越えることが出来ました。

黒潮海流への海洋自然葬(散骨)を実施した時の、「ほんとうにいい人に出合えました。有難う・・・!」のひと言。

ご遺骨でお作りするエバーメモリアルをお届けしたときの、「これで、主人も喜んでくれるでしょう・・・」などなど。

2006年の想い出に残る言葉です。 この仕事を始めて良かったと、深く感じることが出来た瞬間です。

2007年には、さらにひとりでも多くの人のお役に立ちたいと思います。、どうすればこの想いを、悩んでいるひとにお届けできるのかを考えているところです。



ライフケア研究所にご縁のあった方や、このブログを読んでいただいた方に、心より感謝申し上げます。

有難うございました。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 14:04Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年12月01日

2006年師走

今日から、2006年の師走(12月)。


いつの間にか、すっかり冬のモード。




花水木は、葉が落ちてしまっています。

自宅マンションの寒椿が、今年も忘れず咲き
始めました。






今月は、一際慌しく日々が過ぎそうです

一日一日に区切りを付けて、メリハリのある
時を過ごそうと思っています。 face_02face_07


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 19:43Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年11月30日

東京散歩

記念日などに、かれこれ15年通っていた、キャピトルTOKYU HOTEL 星が岡

キャピトル TOKYU HOTEL は、本日11月30日で43年間の歴史に幕を降ろす。国会議事堂裏にあり、目の前が首相官邸という願っても無い立地条件の有名なホテル。








政治の裏舞台に良く登場するホテルであり、ビートルズなどの多くの世界的スターが宿泊したことでも知られる。

11月26日が56歳の誕生日ということもあり、妻と友人達とで食事会をした。 face_02はれ

最高級の中華料理を堪能し、初冬の国会議事堂周辺を散歩しながら、有楽町へ。








例年であれば、とっくに散っている筈の銀杏が、これからが紅葉の見頃であった。








限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 11:27Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年11月23日

辛いお問合せ!

先日、《父がホスピスにいます。お医者さんからは、あと一ヶ月といわれていて、葬儀は質素で、散骨にしたい・・・・と父が願っています。》との電話がありました。

咄嗟のことで、良い答えが見つかりませんでした。

何処に尋ねたらよいか分らず、ホームページを見て電話をしたんです!》



とりあえずは、海洋自然葬(散骨)の現状や行い方、葬儀における問題点などをお伝えいたしました。

何時も、生き方=死に方 だと語っているとはいえ、当事者やご親族の方ににどうお伝えできるかは、本当に難しいことだと痛感いたしました。


どうしたらこの方のお役に立てるかを考えて、充分なフォローをしたいと思っています。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 11:41Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年11月18日

今年もあと少しです!

今日は、花水木もすっかり葉を落とし、冷気が流れる快晴ですface_02はれ


午後から、妻と二人で何時もの散歩に出かけます。
この散歩は、健康のためもありますが、妻と日頃はしないような会話をして、
お互いの想いなどを確認しあう貴重な時間だと思っています。



イメージ:南国の楽園での至福のひととき


妻も楽しみにしているようです。face_02


冬のイメージが漂う散歩の途中で感じたことですが、
仲谷昇さんが死んだって・・・・!?」等という訃報を耳にして、
我が身を振り返ると、歳の差はそうある訳でもない現実に直面。

80歳ともなれば、仲の良い友達の大半が亡くなっているか、
会いたくても病院に入院したりしていて、かつてのように気軽に
会うことも出来なくなってきます。

知らず知らずの内に、たとえ元気であっても動き回ることが億劫
になってくる日がある。

過去の10年20年がこれ程に早かったんだから、これからの10年
20年はあっという間に過ぎ去るだろう・・・!

良く生きるということは、良く死ぬことだ

と、日頃より考えているものの、誰にとっても初めての人生を生きて
いるわけだから、わが事として考えるのはかなり寂しく辛いことでも
あると思う。

だからこそ、覚悟を決めて自分の最後の場面をイメージをし、周りを気にしたり
せずに「自分はこうする・・・!」と決めて、限りある日々を充実して
楽しく生きて行きたい・・・と、思う。

妻と、冬景色になりかけた風景を眺めながら、そう思った。

そんな願いを表している言葉が、「限りあるときを輝いて!」だと
考えております。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 13:17Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年11月17日

不思議なところ・・・!?

間もなく12月

デパートや商店街では、クリスマス商戦たけなわを迎えている。




このクリスマス商戦は、キリスト教とは一切と言っていいほど関係がない。
単なるお祭り騒ぎだ。 販売戦略としては、それはそれでいいと思う。

そして、クリスマスで騒いだ同じ人が、お正月に初詣として神社や仏閣に詣でる。

2月にはバレンタインデーで、チョコレートを贈り合う。

3月は桃の節句で、5月は端午の節句。


結婚式は、キリスト教徒でもないのに教会がいいという。



そして、大切な人が死ぬと、当たり前のように仏式で葬式を行い、お墓に納骨することが当然と考えている人が一般的である。



何処の国でも、時間の経過と共にいろいろな文化や伝統がが入り混じっているが、これだけ無批判にあらゆることを受け入れているところは他にはないと思うが・・・


このことが、日本人の口癖といわれる「しかたない・・・!」で終わってしまうことが殆どで、話しのテーマにすらならない。

表面上は周りと合わせて、流されながら、自覚ある人も何時しか主体性をなくし、とんでもないところに辿り着くという危惧を強く抱いている。


昨今のニュースを見るに付け、こんなことを思った今日でした。



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 16:09Comments(0)暮らしと葬儀のあり方