2006年10月28日

曇りのち晴れ!

延期していた銚子沖からの黒潮海流への海洋自然葬(散骨)を、昨日(2006年10月27日)行いました。


ご依頼主の○○様であるお母様とお嬢様お二人には、1:45分にマリーナにお越しいただきました。
航行上の諸注意事項のご説明をした後、海洋自然葬(散骨)の流れをご確認して、2:00にマリーナを出航。




黒潮海流への海洋自然葬の風景

空模様は、今にも雨が降り出しそうな感じす。
心の中で、「頼むから、降らないでくれよ・・・!」と願っていました。

さすが、太平洋。  
さすが、黒潮海流。

ここ2~3日来のうねりが残っていていました。

かなりのうねりの中を、約40分程航行して予定のポイントに到着。

この辺りから、願いが通じたのか、空に晴れ間が見え出してきました 。



雲間から、太陽が顔を覗かせました!

そして、自然に無害の水に溶ける特殊な袋に入れたご遺骨を、花びらと一緒に心を込めて、海にお還しいたしました。

おとうさん、ありがとう・・・・!」という、言葉が海に響き渡りました。




そして、全員で黙祷を捧げ、汽笛とともに、海洋自然葬(散骨)実施海域を、大きく一周して、マリーナに帰港。

これで、本当にほっとしました。ありがとうございました。」と言って頂けたのが嬉しかったですね・・・・。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 17:49Comments(1)暮らしと葬儀のあり方

2006年10月26日

海洋自然葬(散骨)の準備中!

今日は、爽やかな秋晴れになりましたね。 face_02

今日の朝から、明日(10月27日)に順延した銚子沖からの黒潮海流への海洋自然葬(散骨)準備中です。

地図はこちら

明日も、今日のような快晴になることを願っています。   face_02face_07



ハワイの海

 「どこの海がいいんですか・・・?」と、度々きかれます。
そこで、今日は私の考え方といいますかいい意味での拘りを、少しご説明させていただきます。

東京湾でも、海洋自然葬(散骨)をすることはできますが、あまりお薦めしたくはありません。


生きとし生けるもの全ては、この水の惑星・宇宙船地球号から生まれました。その母体は、海です。つまり、「自然から生まれて、自然に還る!」ということは、あらゆる国、あらゆる歴史、あらゆる宗教的概念を超えて、何の不思議も無いことだと思います。

その中でも、黒潮海流は、日本列島を北上して、丁度銚子沖辺りから太平洋の大海原に出ます。そして、ハワイ沖を進んで、アメリカ西海岸を南下し、メキシコ沖辺りから海底に潜り込みます。 ゆっくりとゆっくりと海底を流れ続けて、幾筋もの流れに枝分かれをします。 そして、何百年後かにまた海の表面を流れる海流となるのです。

このように、黒潮海流は、地球のエコシステムを支えている大循環なのです。 生きていた時に、たとえ外国などに行けなかったとしても、黒潮海流に還ることにより、地球の大自然に溶け合って、永遠に生き続けるのです・・・これは、素敵な考え方だと思います。



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所 地図はこちら
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 11:38Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年10月19日

紅葉を始めたランドマーク

昨夜は、団塊世代の活動を支援する【NPO法人新現役ネット】の交流会のひとつである、【BC交流会】に参加。

多くの出会いと活力を貰って、12時過ぎに帰宅する。



そして、秋晴れが続いている今日。

私が蕨のランドマークツリーと呼んでいる、蕨駅前の大木を見上げると、何時しか紅葉が始まっていた

今年も、10月中旬となり、あと2ヶ月余り。

2007年用の手帳やカレンダーが、文房具店に並ぶ季節を迎えた。


限りあるときを輝いて!

ライフケア研究所
日々生き方から、人生の仕舞い方まで



  

Posted by オリジン研究所  at 16:46Comments(1)暮らしと葬儀のあり方

2006年10月17日

深まる秋

日に日に深まる秋。

海洋自然葬(散骨)のご依頼で、ご遺骨をお預かりするために、埼玉県戸田市に行ってきました。



床に乱反射する埼京線・武蔵浦和駅

亡くなられたご主人は、《何としても海に散骨をして欲しい・・!》が、遺言だったそうです。

私も、海に撒いて欲しい!》と奥様が仰り、傍で娘さんが微笑んで頷いていらっしゃいました。

奥様のお兄さんも、海洋自然葬(散骨)を強く希望なさっているとの事。



深まる秋の夕日(埼京線・武蔵浦和駅)

別れ際に、奥様が、《いい人に巡り会えて、本当によかった・・・!》と深々と頭を下げていただきました。

お役に立てたんだ!》と、深く実感出来た瞬間です。



葬送に対する考え方が根本から変化して、時代の風が吹き始めたと感じる一日でした。



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 18:08Comments(1)

2006年10月12日

ケアンズとミコマスケイ

今日は朝から、何故か頭に、グレートバリアリーフが浮かんできます。

10~11月に、オーストラリアではジャカランダの薄紫色の花が一斉に咲き乱れます。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=222691046&owner_id=2382117

今は、春から夏の季節です。
世界自然遺産のグレートバリアリーフへの玄関口である、ケアンズ。 フレンドリーな人々が住む小さな田舎町です。そして、世界的に有名な観光の街。





ケアンズの港(marlin marina)から、大型帆船のクルーザーで約2時間ほど行くと、マリンブルーの海に忽然と珊瑚礁から出来た小さな島、最後に残された楽園と言われるミコマスケイに着きます。

朝目覚めてから、夜寝るまで、全てが感動のグレートバリアリーフ・・・と言う言葉がピッタリ。




興味のある方は、こちらを覗いてみてください。

http://lifecare.tencho.cc/e4407.html#comments


日記を書いているこの瞬間、意識は、ケアンズとグレートバリアリーフになっています。

行ってみたいですね・・・





限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 19:57Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年10月08日

十六夜(いざよい)の月

昨夜、晴れ渡っていて、十六夜の月が綺麗でした。

事務所からの帰りがけに、デジカメを持ち出して撮ってみました。





十五夜は、別名で無月。 

秋の長雨などで、なかなか見ることが出来ないところから名付けられたようです。

翌日は、昨日の十六夜

今日は、別名で、立待月

さらに、居待月寝待月更待月と続きます。


日本語は、奥深いですね。
ここまでいろんな別名があることを、初めて知りました。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 11:52Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年10月05日

日記の栞

関東地方は、朝から冷たい雨が降っています。

花水木の紅く染まりだした葉を、ひとつ持ち帰りました。

そして、20年来書き続けている日記の栞に。



ほんの小さなことで、秋を感じています。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 15:04Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年10月05日

日記の栞

関東地方は、朝から冷たい雨が降っています。

花水木の紅く染まりだした葉を、ひとつ持ち帰りました。

そして、20年来書き続けている日記の栞に。



ほんの小さなことで、秋を感じています。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 14:57Comments(0)暮らしと葬儀のあり方