2014年10月31日

シドニー近郊ミドルハーバーでの海洋自然葬(散骨)

2014年10月19日に予定通りに成田を出発。face_02
出発前の予想では『シドニーの天候は晴れ!』とのことでしたが、到着日の
10月20日は強風が吹き荒れる悪天候。face_07

その状況で、お客様がお泊りのインターコンチネンタルシドニーのロビーにて、
10月21日実施内容の最終確認を16:30~17:00で行いました。 

その間にも、強風に加えて雨まで降りだしてきました。

翌日の実施日(10月21日)の天候が心配しながら、シドニーでの初日を終了。


海洋自然葬(散骨)実施日の10月21日は、快晴とならないまでも風もすっかり
治まり、穏やかな曇り空に恵まれました。





お客様のお泊りのホテルまでお出迎えをして、出航するマリーナに向かいました。
ローズベイにある静かな小さいマリーナです。そこのシドニー湾を見渡せるお洒落
なカフェで、オリジン研究所が提唱する『オリジンブレイク』の時間をゆったりとお過
ごしいただきました。


億単位の豪邸が立ち並ぶキラニーハイツの岸辺






14:00にマリーナを予定通りに出航して、シドニー湾を横切り、マンリービーチを
右手に見ながら、小さな入り江のミドルハーバーに入って行きました。
キラニーハイツを見渡せる静かな岸辺には、億単位の豪邸が立ち並んでいます。
故人となられた方のこの思い出の場所で、形に囚われずに心を込めて、海洋自然葬
(散骨)を執り行うことが出来ました。

お客様からは、『これでほっといたしました。本当に有り難うございました。』と心から
のお言葉をいただいて、こちらこそ安堵してホットしました。

お客様のお役に立てたことを素直に実感出来て、心から嬉しくなる一瞬でした。face_02


限りあるときを輝いて!
オリジン研究所



Posted by オリジン研究所  at 13:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。