2006年09月27日

秋雨の中で新政権発足!

昨日今日と、秋の雨が降っています。

混沌とした世界情勢の中で、東アジアの日本に、第90代、57人目で、52歳の安倍晋三首相の新政権が発足いたしました。



ある新聞のコラムを、ここに転載いたします。


◆ルーブル美術館にある、高さ2mあまりのハンムラビ法典の石碑の上部には、太陽神がハンムラビ王に杖のような棒と丸い輪を渡しているレリーフが彫られている。棒は物差し、輪は巻尺だといわれている。古代メソポタミアでは、物差しが王権のシンボルだった。

◆物差しは神殿の建設を神に許されたことの証であり、同じようなレリーフは各地で見つかっている。中には、王が綱やコンパスなどを担いだ絵柄もあるという。王はまず計量する王であり、建設する王だったのだ。

◆では、王の物差しにはどんな尺度が刻まれているのか。新たな権力者が生まれれば、誰しもその人物が事を処するのにどんな基準を用いるのかが気になる。今日の政治にあって、まずリーダーの持つ物差しの尺度がはっきり表れるのが政権のチーム作りだ。

◆第90代、57人目、ご当人は52歳という安倍晋三首相の新政権の発足である。組閣にあたって、首相官邸主導の大統領型の政策立案を目指し、派閥にとらわれない人事を行うという基準を示した新首相だ。いきおい縦割り官僚機構や、党内力学に足をとられぬ清新なチームが期待された。

◆さて、実際の顔ぶれを見れば、まず総裁選の《論功行賞内閣》との声が出た。政策理念や体質の似通った人々を集め、スケール感や清新さに乏しい《仲間内内閣》という評もある。だがそれもこれも首相の大統領型リーダーにもとづく新尺度の人事ということなのだろうか。

◆新首相が組閣にあたって最初に手にした物差しは、「美しい国」という壮麗なスローガンの割には意外に細かな尺度が刻まれていたようだ。それでどのような神殿が建てられるのかは、しばらく新首相のリーダーシップを見守るしかない。


表面をなぞるような腰の引けた文章ではある。
しかし、ひとりひとりが、本気で見守らないといけないことは確かだと思う。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の暮らしから、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 13:03Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月23日

秋風に揺れて・・・

今日は、快い風が吹いています。



散歩の途中で、可憐な花を見つけました。



名前が分かりませんが、秋の微風に揺れています。






限りあるときを輝いて!

ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 18:49Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月20日

彼岸の入り

朝から爽やかです。



雲ひとつ無い快晴。



田圃の畦道などに、彼岸花(まんじゅしゃげ)が咲き出す頃ですね。




限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 10:08Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月19日

ジャカランダの花

お彼岸も近づいて来ました。
季節が、秋へと移って行く頃ですね。

前にもこの日記で少し触れたことがありますが、毎年今頃になると、日本ではあまり馴染みの無い、《ジャカランダ》という花を思い出します。



この花はアフリカ原産であり、オーストラリアや東南アジアなどの街路樹として多く栽培されております。



オーストラリアでは、初夏の10月から11月にかけて一斉に咲き乱れます。

今から11年前。

初めてオーストラリアのゴールドコーストに行った時に、ジャカランダの花が咲いていました。

そして、オーストラリアが大好きになりました。

その時以来、薄紫色のジャカランダの花は、澄み渡った青空と白いビーチを思い出させてくれる、忘れられないものとなっています。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 11:23Comments(0)オーストラリア・ケアンズ

2006年09月15日

線路脇の可憐な竜胆(りんどう)

自宅マンションから、蕨駅に向かう線路脇。



健気に咲いている、一本の竜胆(りんどう)を見つけました。



よくぞこんな場所に、咲いたもんだと驚いています。




今日の川柳(☆kagayaki選)

マウンドの 締まった尻と このヒップ

限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 15:09Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月14日

久しぶりの新橋

関東地方は、今日も秋の曇り空。

久しぶりに、嫌々ながらスーツを着込んで、商談のために新橋から泉岳寺方面に行きました。

急に食べたくなって、、嘗てよく行っていた【とんこつラーメンの店】に入りました。
当時をいろいろ思い出しながら、美味しくいただきました。


半袖の人は少なくなり、スーツをピシッと着ているビジネスマンが目立ちましたね。

女性のブーツ姿も目立ちました。


すっかり、秋ですね。





今日の川柳(☆kagayaki選)

ひとつ減り 水金地火木土天海

おじさんが わたしもミクシィ やってます
(mixiが、本日、東証マザーズに上場いたしました!)


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 19:44Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月13日

川柳を転載

今日も、本格的な秋の到来を告げる、冷たい雨が降っています。

今日の新聞に載っていた川柳を、ひとつ転載いたします。


イラク戦 支持の総括 して辞めろ

芸風も 継ぐのでしょうか 次の首相(ひと)



(輝く至福のひととき・・・)

9.11からまる5年経過。
自民党が圧勝した、衆議院選挙から1年経過。

この国が、この国の人々が、まるで、【茹で蛙】のようになっていると映っています。


茹で蛙:蛙を、いきなり熱いお湯に入れると、驚いて飛び出す。 しかし、水の状態から蛙を入れて、徐々に熱すると、その熱さに慣れてしまう。 そうすると、死ぬまで飛び出さない・・・ という例え話。


◇これから日記を書く時は、川柳をひとつ書き加えたいと思っています。



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生活から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 18:41Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月12日

今日は雨

今日は、朝から小雨模様。

夏の暑さはすっかり影を潜めて、本格的な秋の到来を感じさせる雨です。

人間とは勝手なもので、2~3日でも涼しさが続いただけで、もうあの暑さが懐かしく思えたりしてしまいます。

毎年のことですが、妻の田舎から、秋の味覚である瑞々しい20世紀梨が送られてきました。





この季節になると、無性に、ハワイオーストラリアなどに行きたくなって困ります。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 16:11Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月11日

○○三昧(ざんまい)



蕨と川口の境、京浜東北線沿いにある小さな墓地に、蕨三学院さんが寄贈した弘法大師の像



ある人から、【さんまい】という言葉を聞いた。

どうも気になるので、調べてみた。

さんまい】とは、漢字で【三昧】と書く。
【三昧(さんまい)】はインドの言葉で、「サマーディ」を漢字に音訳した当て字である。

「サマーディ」とは、心を集中して専念することを意味しています。

今でもよく使う、釣り三昧、読書三昧、ゴルフ三昧の【ざんまい】です。

昔から日本では、仏道修行をするところを「三昧所(さんまいしょ)」と呼び、後に火葬したり埋葬したりするところを指すようにもなりました。さらに、墓地も「三昧所」、略して【さんまい】と呼ばれるようになったのです。


ここまで調べて、50年前の記憶が蘇りました。

私が、生まれたのは、和歌山県和歌山市朝日。
1950年のこと。
生まれた当時は、和歌山県海草郡安原村朝日であった。

4歳になった頃、今は亡き父親が初めて家を建てた。
小高い丘の斜面を、切り崩して建てた小さな家である。

自分の田舎といえば、必ず思い出す原風景の家。

家の前の細い道を登ってゆくと、鎮守の森になっている。その森は、鬱蒼とした雑木林になっていて、竹薮へと変化する。
そして、竹薮の外れに小さなお寺がある。

お寺の裏山が村の墓地であった。

幼い頃、その山で遊んでいる時に、人骨がごろごろしていたのを覚えている。(昭和30年の頃)

その墓地のことを、和歌山の方言で【さんまえ】と呼んでいました。



当時、その家に同居していた、大阪の船場生まれの父方の祖母が、「猫いらず」を服毒して自殺した。

前後の記憶は曖昧だが、警官が来たことなどを鮮明に記憶している。

その後は、父も母も祖母のことは語らず、今に至っても自殺の原因を知らない。

その祖母が、村人総出で、丸い棺おけに入れられて、そのさんまえに運んで行って、土葬された。


深くこれらのことが記憶に残り、今でも夢に出てくることがある原風景です。



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 12:45Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月10日

講演会が終了

そろそろ彼岸花も咲きだす頃。
今日は日曜日。

自宅から歩いて3分の事務所に出ている。
日中は30度を超える残暑になる模様。


昨日の、蕨商工会議所での講演会を振り返っている。
残念ながら、参加人数は多くは無かった。

しかし、ゆったりとした時間の中で、質問も多く出て内容の濃いものになったと思える。



質問が飛び交う講演会風景


NPOライフ・アンド・エンディングセンター理事長とのスナップ


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 11:42Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月08日

夏の残像

先日の公園でのスナップ。

気持ち良さそうに水浴びをしていました。



子供達にとっては、無限大に長い夏。
大人たちにとっては、何回も繰り返した、2006年夏の終りの風景です。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで  

Posted by オリジン研究所  at 13:34Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月06日

嬉しいお便り!

関東地方は、朝から雨。

事務所で作業を始めようとしたら、電話のベル♪♪♪


4月に、エバーメモリアルペンダントをお作りしたお客様からでした。


エバーメモリアル

主人の形見のペンダントを付けて、友達とこの前中国に行って来ました。 そしたら、友達が、素敵なペンダントだから、自分も作りたいと・・・できたら、お友達に教えてあげたいので、カタログを5部程送っていただけないでしょうか・・・》という内容でした。


エバーメモリアルペンダント

確実に、【時代の風】が吹き出していると実感しています。



そして、気分よく、9月9日(土)2:00~4:00 蕨商工会議所 での講演会開催準備を進めています。

詳しくは、http://mixi.jp/view_diary.pl?id=208784717&owner_id=2382117  


皆様のご参加をお待ちしております。  

Posted by オリジン研究所  at 12:13Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月04日

直葬(ちょくそう)?

先日、神奈川のある葬儀社の代表の人と情報交換をしていました。


ここのところ、直葬(ちょくそう)が目立って増えてきているとのこと。


直葬(ちょくそう)という言葉は、目新しいものです。
直送とは、病院や自宅で亡くなった場合に、通夜や告別式を行わずに、直接火葬場に行く葬送スタイルのことをいいます。 通常の葬儀費用は、全国平均で約240万円とも言われています。 しかし、直送を選択した場合は、約15~30万円で済むとのことです。

現在、東京都の場合は、区によりバラツキがあるようですが、約30%の人が直葬とされております。

この様な動向と合わせて、【家族葬】と言われている小規模の葬儀も急拡大しています。
考えて見れば、80歳ともなると、参列する友人や知人も減って、会葬者が20~30名程になってしまう場合が殆どです。

まして、独り暮らしで年金生活をされている方の場合は、尚更です。

その状況で、見栄と体裁や習慣だけで、豪華な葬儀を何故やらなければならないのか・・・?

葬儀とは、亡くなった人のためよりも、後に残る人のために行うものだから、この動向も納得が出来ます。

故人となられた人の生き様を尊重して、残されたご遺族が納得されて、深く癒やされることこそが重要だ。 葬儀の形にこだわる必要はない。  とのことで、葬儀社の人と、珍しく意見が一致いたしました。

婚礼とは違い、短期間で決断しなければいけないのが葬儀です。

実の親や肉親のこと、まして、自分のことを語ったり考えるすることは、誰にとっても難しく辛いことです。  
でも、元気な時にこそ、明るく語り、考えておく必要があると思います。

改めて、葬儀社の人と話し合って、そのように感じました。

さて、直葬や家族葬のことを含めて、皆様はどのように思われますか?

  

Posted by オリジン研究所  at 14:29Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月04日

ツクツクボウシ

自宅マンションの木立で、ツクツクボウシが鳴き出した。



ツクツクボ~シ♪ ツクツクボ~シ♪ ・・・・・・

季節が、夏から秋へと移っている。


ソウルに住んでいる娘から、スカイプでの連絡が入る。
元気でやっている様子。

昨日は日曜日でもあり、まったりとした時間を過ごした。  

Posted by オリジン研究所  at 09:56Comments(0)暮らしと葬儀のあり方

2006年09月03日

秋を求めて!

9月に入り、日中は気温が上がるものの爽やか。

昨日は、久しぶりに妻と2人で、川口まで散歩をする。

所要時間は、片道約45分。


蕨市と川口市の境辺りにある、京浜東北線沿いの小さな墓地に、蕨三学院さんが寄贈した、弘法大師の像がひっそりと建っている。



線路沿いの柵の上に、名も知らぬ花。



今回、知人から教えて貰って初めて知ったが、この花はジャスミンだという。

夕空は、すっかり秋の風情となっていた



秋の蜻蛉が飛び交う中で、過ぎ行く夏を惜しむように、水浴びする子供達。



すっかり秋の風情となった、川口駅から眺めた夕空。  

Posted by オリジン研究所  at 12:28Comments(0)暮らしと葬儀のあり方