2012年09月30日

海洋自然葬(散骨)実施のときに・・・!

昨年4月に社名を、『ライフケア研究所』から『オリジン研究所』に変更いたしました。

悩み抜いた結果の決断でしたが、漸く一年以上経過して落ち着いて参りました。 この間に、海洋自然葬(散骨)やご遺骨をプレートに加工するということも最早珍しいことではなくなり、『それもいいね・・・!』と考える方が急激に増えたように感じています。

海洋自然葬(散骨)を行なうときには、いつもご依頼主様にお渡ししているオリジナルの散文詩をご披露致します。この大好評を頂いているこの散文詩は、現在の最先端宇宙論から古生物学、哲学や宗教までを網羅して作成したものとなっています。



われわれの銀河(太陽系はこの銀河の端の方に位置しています)

自然から生まれて自然に還る、海洋自然葬。

遥かな昔、この世界は、時間も空間もない、暗闇の中から突然に生まれました。

光だけがありました。

その光から、たくさんの生命の粒子(つぶ)が生まれました。

その粒子たちが集まり、星々や銀河を生み出したのです。

やがて、その星々も年老いて、粉々となり、また新しい星となりました。



そして、46億年前に、われわれの銀河の中の太陽系に、奇跡の星、
この地球が生まれたのです。

長い長い時を経て、むかしむかしの生命の粒子(つぶ)が集まり、
偶然と必然を繰り返し、この星のたくさんの生命の中から、ついに、
魂を持った生物を生み出したのです。


今、その生命のかけがえのない使命を終えて、生命の故郷であるこの地球(ほし)
の瑠璃(るり)の大海に還ります。


あなたが望んでいた、深い安らぎの場所に還ります。


あなたの生命の粒子(つぶ)は、この地球(ほし)に溶け合って、
永遠に生き続けます。



世界自然遺産のグレートバリアリーフ


限りあるときを輝いて!
オリジン研究所



同じカテゴリー(海洋自然葬)の記事画像
久しぶりの黒潮海流!
初秋の江ノ島沖
大自然と魂が出会うところ、パラオ!
ケアンズ行きの準備中!
同じカテゴリー(海洋自然葬)の記事
 カネオヘ湾からシドニーへ! (2014-05-16 10:40)
 久しぶりの黒潮海流! (2008-11-23 13:34)
 初秋の江ノ島沖 (2008-09-13 11:12)
 大自然と魂が出会うところ、パラオ! (2008-09-10 13:38)
 ケアンズ行きの準備中! (2007-03-08 13:56)

Posted by オリジン研究所  at 18:08│Comments(0)海洋自然葬
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。