2008年09月13日

初秋の江ノ島沖

9月12日の関東地方は、初秋の気持ちの良い快晴。face_02はれ


東京ディズニーシーを一望出来る、ヘリポートからの風景

ヘリポートの特別にセットされた会議室で、穏やかにセレモニーを行い、
ヘリコプター海洋自然葬(散骨)を行うために、夕日が西に傾きだした
5:00にヘリポートを飛び立ちました。



ご親族の参加者は2名で、機長と私たちスタッフを入れて5名。

夕日を眺めながら、スモッグで霞んだ東京を横切って相模湾を目指しました。

所要時間約20分で、富士山が一望出来る江ノ島沖の予定海域に到着。

微粉末になったご遺骨といろとりどりの花弁を、心を込めて海にお還し、
ヘリコプター海洋自然葬(散骨)が無事終了いたしました。




明かりの灯りだした東京を眼下に眺めながら、東京タワーを一周して、
東京ディズニーランド横を通過して、ヘリポートに帰着。


ご親族からは、《本当に有難うございました!》と深々と頭を下げていただき、
こちらが恐縮してしまいました。

最近になって、このヘリコプターによる海洋自然葬(散骨)のご依頼や資料請求が、
確実に増えてきていますね。



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所





同じカテゴリー(海洋自然葬)の記事画像
海洋自然葬(散骨)実施のときに・・・!
久しぶりの黒潮海流!
大自然と魂が出会うところ、パラオ!
ケアンズ行きの準備中!
同じカテゴリー(海洋自然葬)の記事
 カネオヘ湾からシドニーへ! (2014-05-16 10:40)
 海洋自然葬(散骨)実施のときに・・・! (2012-09-30 18:08)
 久しぶりの黒潮海流! (2008-11-23 13:34)
 大自然と魂が出会うところ、パラオ! (2008-09-10 13:38)
 ケアンズ行きの準備中! (2007-03-08 13:56)

Posted by オリジン研究所  at 11:12│Comments(0)海洋自然葬
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。