2008年09月10日

大自然と魂が出会うところ、パラオ!

7月9日から13日まで、南海の楽園・パラオ
に行ってきました。

大自然と魂が出会うところ、パラオ!》
というコピーを考えましたが、正にその通りの風景。



ロックアイランドのひとつの島

パラオ海洋自然葬(散骨)の実施日は、7月11日

ご依頼者は4名の参加で、クルーザーの船長と添乗者、
そして私の合計7名でのパラオ海洋自然葬となりました。

故人が闘病されていた頃、ライフケア研究所に資料のご請求があり、
可愛がっていた猫と一緒に南国の海に撒いて欲しい!》との遺言で、
今回のパラオ海洋自然葬が決まりました。







我々以外には誰もいない、バーベキューをした夢のような島


ご依頼者の方々がお泊りのパラオパシフィックリゾートの桟橋に、
クルーザーでお迎えに行き、パラオ海洋自然葬がスタート。

粉末化した大切なご遺骨は、パラオの人達が手作りで編んだ椰子
の葉でできた籠に入れ、その周りをプルメリアやゴクラクチョウ花、
赤や黄色のハイビスカスなどの色とりどりの南国の花で飾りました。

今回のパラオ海洋自然葬は、2回の実施ポイントを決めていて、
1回目の実施時には、パラオ政府から派遣された沿岸警備艇が
護衛をしてくれました。



色とりどりの南国の花を添えて・・・!〉

朝から快晴で、波も殆どなく、マリンブルーの海に浮かぶロック
アイランドの緑濃い島々がとっても綺麗でした。



特に昼食をした無人の島は、夢に出てきそうな綺麗さ。
波の音や風の感触などは、とても文章や写真では表現できない
感じです。

パラオ海洋自然葬が全て終了した後で、ご依頼者からのリクエストで、
有名なミルキーウェイを見学したり、世界中のダイバーが憧れる海に
スノーケリングをしたり・・・!



ご依頼主の皆さんは大感激をされて、パラオ海洋自然葬が終了
いたしました。




パラオの有名レストランJIVEから眺めた夕日



限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所


同じカテゴリー(海洋自然葬)の記事画像
海洋自然葬(散骨)実施のときに・・・!
久しぶりの黒潮海流!
初秋の江ノ島沖
ケアンズ行きの準備中!
同じカテゴリー(海洋自然葬)の記事
 カネオヘ湾からシドニーへ! (2014-05-16 10:40)
 海洋自然葬(散骨)実施のときに・・・! (2012-09-30 18:08)
 久しぶりの黒潮海流! (2008-11-23 13:34)
 初秋の江ノ島沖 (2008-09-13 11:12)
 ケアンズ行きの準備中! (2007-03-08 13:56)

Posted by オリジン研究所  at 13:38│Comments(1)海洋自然葬
この記事へのコメント
神はバナナチップを助ける!
Posted by คาสิโน at 2013年04月26日 17:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。