2006年10月28日

曇りのち晴れ!

延期していた銚子沖からの黒潮海流への海洋自然葬(散骨)を、昨日(2006年10月27日)行いました。


ご依頼主の○○様であるお母様とお嬢様お二人には、1:45分にマリーナにお越しいただきました。
航行上の諸注意事項のご説明をした後、海洋自然葬(散骨)の流れをご確認して、2:00にマリーナを出航。




黒潮海流への海洋自然葬の風景

空模様は、今にも雨が降り出しそうな感じす。
心の中で、「頼むから、降らないでくれよ・・・!」と願っていました。

さすが、太平洋。  
さすが、黒潮海流。

ここ2~3日来のうねりが残っていていました。

かなりのうねりの中を、約40分程航行して予定のポイントに到着。

この辺りから、願いが通じたのか、空に晴れ間が見え出してきました 。



雲間から、太陽が顔を覗かせました!

そして、自然に無害の水に溶ける特殊な袋に入れたご遺骨を、花びらと一緒に心を込めて、海にお還しいたしました。

おとうさん、ありがとう・・・・!」という、言葉が海に響き渡りました。




そして、全員で黙祷を捧げ、汽笛とともに、海洋自然葬(散骨)実施海域を、大きく一周して、マリーナに帰港。

これで、本当にほっとしました。ありがとうございました。」と言って頂けたのが嬉しかったですね・・・・。


限りあるときを輝いて!
ライフケア研究所
日々の生き方から、人生の仕舞い方まで   

Posted by オリジン研究所  at 17:49Comments(1)暮らしと葬儀のあり方